背中ニキビではなくカビであった時の治し方

 
背中ニキビだと思い、様々な背中ニキビを治すための方法を取り入れても、背中ニキビを改善することができず、結果的に背中ニキビがひどくなってしまった場合には、できている吹き出物はニキビではない可能性があります。

背中ニキビはアクネ菌が原因となっているのですが、ニキビではない場合には、マラセチア真菌と呼ばれる菌が原因となり、吹き出物が出来てしまいます。ニキビのように、かゆみがでてしまったり、痛みが出てしまう事が少ないため、背中に吹き出物が出来てしまっていても気が付きにくいとされていますが、できてしまったら、皮膚科を受診し、抗真菌薬を処方してもらうことで、改善することが可能です

アクネ菌と同じように、背中を清潔に保つことができていれば、アマラセチア真菌も悪さはせず、吹き出物が出来てしまう事もありませんから、日頃の背中のお手入れが背中ニキビを治すコツとなります。アクネ菌と同じように、マラセチア真菌も、毛穴のつまった皮脂を栄養として増殖しますから、皮脂の分泌のコントロールを心掛けましょう

背中ニキビ,治し方

人によっては、アクネ菌と、マラセチア真菌の両方のニキビができてしまっている人もいますから、ニキビに効果があるスキンケア用品を使用しても改善することが出来ないニキビには、抗真菌薬を使い、背中のカビと呼ばれる、マラセチア真菌を減らすことが必要となります。アクネ菌も、マラセチア真菌も、常在菌と呼ばれる、いつでも背中に潜んでいる菌となりますから、いつでも背中を清潔に保つ努力をしましょう。

ニキビ跡を消す方法をネットで調べました
 

背中ニキビと顔ニキビの違いとは

 
背中ニキビと顔ニキビは、同じニキビでありながら、出来てしまう原因が異なる場合があります

背中は顔に比べ、ターンオーバーが遅く、皮脂が詰まりやすくなってしまう部位となっています。背中の場合、顔のように、頻繁にチェックすることがないため、背中ニキビが悪化するまで、ニキビができてしまっている事に気が付かないという人も少なくありません。背中は皮脂腺が多いため、皮脂の分泌が起こりやすく、顔と同じように、毎日しっかりとお手入れをしないといけない部位なのですが、お手入れを怠っている人が非常に多いのです。

顔の皮膚の方が、背中の皮膚よりも薄く、デリケートであると思われているため、顔のお手入れは積極的に行っても、背中のお手入れを行う人はあまりいないため、背中にニキビができてしまうまで、背中のお手入れをしないままでいる人が多いとされています。

デリケートゾーンって黒ずみで悩んでいる女性が多いんです

背中ニキビを治すためには、顔と同じように、背中にもケアをする事が必要となります。顔は目立つため、大きなニキビができてしまうと、ニキビケアを取り入れる人が多いのですが、背中ニキビじゃ、できてしまっても、背中ニキビを治すための努力はしないという人は少なくありません。ですが、背中ニキビを放置してしまうと、背中ニキビの数が増えてしまうだけではなく、ニキビ跡により、非常に見た目が悪くなってしまいますから、後から後悔することがないように、背中ニキビを治す努力を取り入れる事が大切となります。

大人ニキビができて以来、悩んでいます
 

ニキビはなぜできるのか

 
ニキビはなぜできてしまうのでしょうか。
不潔にしているとできてしまうと考える人が多いとされていますが、あながちウソではありません。

ニキビの原因は、アクネ菌と呼ばれる、いつでも肌の上での常在している菌です。アクネ菌は、毛穴に詰まった皮脂や老廃物を餌としているため、皮脂の分泌が起こった時に、その皮脂が毛穴に溜まってしまったまま放置してしまうと、アクネ菌の繁殖の手助けをしてしまい、ニキビとなってしまうのです。顔のニキビも背中のニキビも皮脂が毛穴に詰まることで、ニキビができてしまうという事に変わりはありません。

背中ニキビ,治し方

毛穴の皮脂が溜まってしまうのであれば、ゴシゴシ擦って洗えば良いと思うかもしれませんが、こすっても、毛穴の汚れは除去することが出来ません。毛穴のなかに溜まった皮脂は、オイルマッサージなどを取り入れ、オイルで浮かせながら落とすことで除去することが出来ますが、背中ニキビを治すために、手が届かない部位をオイルマッサージすることは困難となってしまいますから、保湿を行い、皮膚を柔らかくしておくと、皮脂や老廃物が溜まりにくく、ターンオーバーが早くなりますから、その分皮脂や老廃物が溜まりにくくなります

その他に背中ニキビを治す方法としては、過剰な皮脂の分泌を防ぐために、食生活や生活習慣の見直し、普段から、清潔を保つことができていると、背中ニキビが悪化してしまったり、増えてしまう事を防ぐことができます。

ストレスニキビは、治し方が簡単なんです